2006年07月17日

運営管理:H15 第23問

 小売業のプライスライン政策は、商品をいくつかの価格段階別に整理し、品揃え・価格設定するものである。このプライスライン政策に関する記述について、最も不適切なものはどれか。

ア) プライスライン政策では、各プライスラインの間隔をほぼ同じ金額幅で設定すると効果的である。
イ) プライスライン政策の採用によって、小売業は在庫管理が容易になり、在庫数量が少なくてすむ。
ウ) プライスライン政策の採用によって、小売業は品揃えに幅ができる。
エ) プライスライン政策は、最寄品に比べ、買回り品の価格政策として有効である。
posted by aquarius27 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第22問

 商品コードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) JANコードの国コードは2桁である。
イ) JANの標準コード体系では、子にコードを含めた商品メーカーコードは9桁、商品アイテムコードは3桁である。
ウ) JANの標準コード体系は、区にコードを含めた商品メーカーコード、商品アイテムコードの2つから構成される。
エ) インストアマーキングでは、JANコードとの混同を避けるため、最初の2桁を22から29までとすることが求められている。
posted by aquarius27 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第21問


 デビットカードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) クレジットカードと同様に、利用できる時間に制約がない。
イ) 小売業にとって、クレジットカードに比べ代金回収期間が短くてすむ。
ウ) 小売業にとって、クレジットカードに比べ負担する手数料が少なくてすむ。
エ) 利用顧客には、手数料や金利が一切不要である。
posted by aquarius27 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第20問


 店舗計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) 一度に見ることのできる間口のユニット寸法は異なるが、通常90cmで考えればよい。
イ) 巡回性を高めるため、店内各所に顧客の目を引くマグネットポイントを設ける。
ウ) 店舗戦略の基本理念をあらわすものがスコア・コンセプトである。
エ) 店舗の概観(ファサード)はパラペットのことである。
posted by aquarius27 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第19問

 売り場の銃器と商品の関係で、最も不適切なものはどれか。

ア) ウォークインクーラー ・・・ ビール
イ) ガラスケース ・・・ 宝石
ウ) ゴンドラ ・・・ 缶詰
エ) トルソー ・・・ ハム、ソーセージ
オ) リーチインクーラー ・・・ ワイン
posted by aquarius27 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第18問

 証明に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) 色温度の扱い方で商品価値を演出する効果は変わる。
イ) 照明は距離の二条に反比例する。
ウ) 照明器具の選択には直接照明と間接照明の2種類を考慮すればよい。
エ) 店舗の必要照度は、業種、業態によって異なる。
posted by aquarius27 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第17問

 店舗立地の条件に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) 競合関係は立地条件の要素ではない。
イ) 商圏の大きさや交通量は立地条件の要素の一つである。
ウ) 人口密度、人口増減は立地条件の要素の一つである。
エ) 大都市地域においては、従業員の居住地は立地条件の第一義的な要素ではない。
posted by aquarius27 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第16問

 いわゆる大店立地法の基本的考え方として、最も不適切なものはどれか。

ア) 大型店の出店によって生ずる交通混雑などを緩和しようとしている。
イ) 出展する大型店の地域社会への適応を要請している。
ウ) 「街づくり」の観点から大型店舗の立地を変更させることができる。
エ) 「街づくり」を有効に推進する法的根拠の一つとなるものである。
posted by aquarius27 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第15問

 中心市街地活性化法に関する説明として、最も不適切なものはどれか。

ア) この法律では、中心市街地に集まる一般消費者等の多様かつ高度な需要に即応して、最終消費財の製造・加工の事業や、物に体化された形態による役務の提供の事業を営む、商業と密接に関連したものとしての都市型新事業も支援対象としている。

イ) この法律において、基本計画は市町村が作成する。また、民間事業者等が作成する事業計画を国が認定し、支援を行う。

ウ) この法律において、「中心市街地」とは、その存在している市町村の人口が相当数あり、その中心としての役割を果たしている市街地であることが要件の一つとされている。

エ) この法律は、市街地の整備海瀬の予備商業等の活性化を一体的に推進するための措置を講じている。

オ) リノベーション補助金は、中心市街地活性化法の認定を受けた計画に基づき行われる中心市街地等商店街・商業集積の活性化に資する施設の整備に対して補助が行われるものである。
posted by aquarius27 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第14問


 都市計画法第8条に関して、次の文中の(A)に最も適切なものはどれか。

 都市計画には、当該都市計画区域について、(A)で必要なものを定めるものとする。

ア) 市街化地域 イ) 地域、地区または街区 ウ) 地域または特別区 エ) 用途地域
posted by aquarius27 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。