2006年07月08日

経営法務:H15 第5問

民事再生手続申立を検討している会社の代表取締役の質問に対する答えとして、空欄A〜Dに当てはまる語を組み合わせた場合、最も適切なものはどれか。

質問「当社はこの2年間赤字が続いて工場の処分でもしなければ仕入れの支払いが困難になっています。このような場合、債務超過かどうかによって民事再生手続の申立ができるかどうかが決まるのですか。」
(A)。」
質問「民事再生手続の中で会社の資産を評価しなおすと聞いています。資産の評価の仕方は、原則として、営業の継続を前提とした場合の価値なのですか。それとも会社を清算して資産を処分してしまうとした場合の資産なのですか。」
(B)。」
質問「再生案の内容ですが、たとえ当社が破産した場合の配当率よりも低い弁済率を定める再生案であっても、債権者集会で可決されれば再生案として成立させてもらえるのですか。」
(C)。」
質問「再生案に債権者が賛成してくれるか不安です。もし再生案に賛成した割合が、議決権者で債権者集会に出席したものの頭数の51%で、議決権者の議決権の総額の50%だったとしたら、再生案は可決されるのですか。」
(D)。」

ア) A:いいえ、債務超過でなくてもできます
   B:営業を継続した場合の価値です
   C:いいえ、させてもらえません
   D:されません
イ) A:いいえ、債務超過でなくてもできます
   B:清算価値です
   C:いいえ、させてもらえません
   D:されます
ウ) A:いいえ、債務超過でなくてもできます
   B:清算価値です
   C:はい、させてもらえます
   D:されません
エ) A:はい、債務超過でなくてはできません
   B:営業を継続した場合の価値です
   C:はい、させてもらえます
   D:されません
オ) A:はい、債務超過でなくてはできません
   B:清算価値です
   C:いいえ、させてもらえません
   D:されます


posted by aquarius27 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 経営法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。