2006年07月17日

運営管理:H15 第29問(最終)

 インターネットによる無店舗販売が増えつつある。このような販売を行うために構成される取引空間をネット店舗と呼ぶことにする。ネット店舗は、物理的店舗と比べると、どのような特徴を持つか。最も不適切なものはどれか。

ア) 顧客に個別対応をしようとするとコストが上昇する。
イ) 品そろえを豊富にすることができる。
ウ) 取引へのアクセスに関する時間的・空間的制約を緩和することができる。
エ) 物理的店舗とネット店舗は必ずしも競合するものではなく、両者の組み合わせによる相乗効果を発揮することもできる。
posted by aquarius27 at 21:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第28問

 SCM(Supply Chain Management)に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) ECR(Efficient Consumer Response)は、SCMの領域に含まれると考えてよい。
イ) SCMの重要な構成要素の一つとして、物流体系の効率化が上げられる。
ウ) SCMは、個別企業のロジスティクス戦略の上位概念として位置づけることができる。
エ) SCMは、たとえば在庫量と輸送頻度との間に生じるようなトレードオフをできる限り極小化することを目指す。
posted by aquarius27 at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第27問

 CRM(Customer Relationship Management)に効果的な手法の記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) CRMを科学的に展開するには、データマイニングが極めて重要となる。
イ) FSP(Frequent Shoppers Program)は、CRMにとって有効な手法の一つである。
ウ) POSデータそのものはCRMに無関係である。
エ) パネルデータ分析は顧客の特徴を把握しようとするもので、CRM固有の手法である。
posted by aquarius27 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第26問

 小売業においては、仕入れ価格(原価)、販売価格(売価)、値入率、在庫高などの指標を明確に捕らえられるように、それぞれの商品の動きを管理しなければならない。このような指標の計算に関して、以下の設問に答えよ。

(設問1)
 売価が1,500円、売価値入率が30%のときの原価を求めよ。

ア) 950円  イ) 1,050円  ウ) 1,150円  エ) 1,200円

(設問2)
 原価が1,200円、売価値入率が40%のときの売価を求めよ。

ア) 1,480円  イ) 1,600円  ウ) 1,960円  エ) 2,000円

(設問3)
 売上高2,000千円、粗利益率24%、売価値入率40%、GMROI(商品投下資本粗利益率)400%のときの平均在庫高(売価ベース)を求めよ。

ア) 100千円  イ) 200千円  ウ) 300千円  エ) 400千円
posted by aquarius27 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第25問

 プライベートブランドに関する記述について、最も適切なものはどれか。

ア) プライベートブランドとストアブランドは、まったく同義である。
イ) プライベートブランドの展開領域は、基本的にはナショナルブランドの確立された領域である。
ウ) プライベートブランドは、低価格訴求である。
エ) プライベートブランドは、同等の品質ならばナショナルブランドよりも低価格で提供できるはずである。
posted by aquarius27 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第24問

 物流管理のツールとして、ASN(Advanced Shipping Notice)とSCM(Shipping Carton Marking)ラベルがあげられる。このASNとSCMラベルに関する記述について、最も不適切なものはどれか。

ア) ASNとSCMラベルの照合で検品を効率化し、在庫の削減を実現する。
イ) ASNは、商品を出荷する前に、取引先に対してオンラインで送信される出荷案内データである。
ウ) SCMラベルとは、出荷する商品につけられたバーコード印刷されたラベルである。
エ) SCMラベルには、ITFやコード128を使用する。
posted by aquarius27 at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第23問

 小売業のプライスライン政策は、商品をいくつかの価格段階別に整理し、品揃え・価格設定するものである。このプライスライン政策に関する記述について、最も不適切なものはどれか。

ア) プライスライン政策では、各プライスラインの間隔をほぼ同じ金額幅で設定すると効果的である。
イ) プライスライン政策の採用によって、小売業は在庫管理が容易になり、在庫数量が少なくてすむ。
ウ) プライスライン政策の採用によって、小売業は品揃えに幅ができる。
エ) プライスライン政策は、最寄品に比べ、買回り品の価格政策として有効である。
posted by aquarius27 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第22問

 商品コードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) JANコードの国コードは2桁である。
イ) JANの標準コード体系では、子にコードを含めた商品メーカーコードは9桁、商品アイテムコードは3桁である。
ウ) JANの標準コード体系は、区にコードを含めた商品メーカーコード、商品アイテムコードの2つから構成される。
エ) インストアマーキングでは、JANコードとの混同を避けるため、最初の2桁を22から29までとすることが求められている。
posted by aquarius27 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第21問


 デビットカードに関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) クレジットカードと同様に、利用できる時間に制約がない。
イ) 小売業にとって、クレジットカードに比べ代金回収期間が短くてすむ。
ウ) 小売業にとって、クレジットカードに比べ負担する手数料が少なくてすむ。
エ) 利用顧客には、手数料や金利が一切不要である。
posted by aquarius27 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運営管理:H15 第20問


 店舗計画に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア) 一度に見ることのできる間口のユニット寸法は異なるが、通常90cmで考えればよい。
イ) 巡回性を高めるため、店内各所に顧客の目を引くマグネットポイントを設ける。
ウ) 店舗戦略の基本理念をあらわすものがスコア・コンセプトである。
エ) 店舗の概観(ファサード)はパラペットのことである。
posted by aquarius27 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 過去問 / 運営管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。